046-250-6995  (クリニック原)
神奈川県厚木市愛甲1-3-2
厚木市アレルギー科クリニック原メインサイトアクセス
アレルギー性喘息
   HOME
   花粉症の様々な症状
   花粉症のかぜ等の見分け方
   血液検査(アレルギー検査)
   アレルギー性気管支炎
   アレルギー性気喘息
   クリニック原の花粉症外来
   クリニック原の薬物療法
   花粉症の原因
   花粉症の日常対策
   花粉症の民間療法
   花粉症の情報リンク
アレルギー性喘息は、 本人の既住や家族歴にアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアトピー性疾患が見られることが多く、皮膚反応や血液検査などで室内塵や花粉などの抗原に陽性を示すタイプの人をいいます。 アレルギー性喘息の発作の仕組みは、肥満細胞の表面でIgE抗体とアレルゲンは反応し、肥満細胞からヒスタミン・ロイコトリエンなどの化学伝達物質が放出されます。 IgE抗体量が一定ラインを超えるとアレルギーを発症します。


アレルギー性喘息の症状
アレルギー性喘息の発作の仕組みとして、肥満細胞の表面でIgE抗体とアレルゲンは反応し、肥満細胞からヒスタミン・ロイコトリエン・などの化学伝達物質が放出され、この化学伝達物質は気管支の平滑筋を収縮させてけいれんを起こし、粘膜の浮腫、気管支狭窄を起こします。  これが即時型反応で、喘息患者の約半数は数時間後に再び、遅発型反応による発作が起こると言われています。 遅発型反応は、好酸球によっておこる気道平滑筋収縮と気道粘膜炎症です。 好酸球は肥満細胞から放出された好酸球遊走因子や血小板活性因子、ヘルパーT細胞が作るサイトカインであるインターロイキン5などによって気管支に集められます。 炎症が進むと気道の粘膜に変化が起こり、気道が狭窄します。

アレルギー性喘息の原因
ロイコトリエンなどの化学伝達物質を出し、この作用で平滑筋を収縮させ、粘膜に炎症を起こし粘膜に浮腫が生じ気管支が狭窄、症状が悪化します。 この刺激によって過敏性が亢進されます。 刺激に敏感になり、次の発作が起こりやすくなり慢性化へとつながっていきます。

アレルギー性喘息の治療
急性発作の治療は気管支拡張剤の内服,注射によるステロイド剤の投与。 日頃から,予防的な治療を行うことが大切です。 ストレスは気管支喘息のきっかけになる事から、ストレスをためこまず日頃の健康に気をつける事です。
アレルギー性喘息の特徴は、室内(ほこり、ダニ、ペットの毛)の環境や屋外のさまざまな有機物に対して発作を起こします。 また、季節性があり、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などを合併しやすいとされています。アレルギー体質を持っていると気管支の炎症がおこりやすく、細菌、ウイルス感染、ストレスにより気管支が狭窄、痰が増加・咳・喘鳴・呼吸困難などの発作が出現します。




診療のお問い合わせ電話番号
 046-250-6995

クリニック原:診療案内
診療時間 10時30分から13時30分
16時30分から20時30分
休診日 木曜日、土曜日
日曜日、祝日
診療科目 心療内科 アレルギー科 呼吸器科 内科
院長名 原 武史
住所 神奈川県厚木市
愛甲1-3-2
電話番号 046-250-6995

クリニック原
厚木アンチエイジング医療情報センター
厚木心療内科専門
厚木市心療内科クリニック原サイト
健康診断専門クリニック原サイト


HOME花粉症の様々な症状花粉症のかぜ等の見分け方クリニック原の花粉症外来クリニック原の薬物療法花粉症の原因
花粉症の日常対策花粉症の民間療法花粉症の情報リンクアクセスサイトマップ厚木市アレルギー科クリニック原メインサイト
厚木市アンチエイジングクリニック原サイト厚木市心療内科クリニック原サイト
Copyright(C) 厚木 クリニック原 花粉症 アレルギー科 専門サイト All rights reserved.
produced by FARO