046-250-6995  (クリニック原)
神奈川県厚木市愛甲1-3-2
厚木市アレルギー科クリニック原メインサイトアクセス
クリニック原の花粉症外来
   HOME
   花粉症の様々な症状
   花粉症のかぜ等の見分け方
   血液検査(アレルギー検査)
   アレルギー性気管支炎
   アレルギー性気喘息
   クリニック原の花粉症外来
   クリニック原の薬物療法
   花粉症の原因
   花粉症の日常対策
   花粉症の民間療法
   花粉症の情報リンク
クリニック原では、 花粉症 の 総合的な診療を心がけて診察しております。まず、現症、発症年齢、通年性か季節性か、治療・アレルギー・職業・家族歴、環境等の問診があります。このデータを基にして、医師が診察した後、血液検査をします。花粉症の血液検査は、まずアレルギーの有無、そしてアレルギーであれば抗原は何かを調べる為に行います。花粉症 の アレルギー の原因物質(アレルゲンと呼んでいます)に反応しやすいかどうか、血液検査 も実施しています。花粉症 の アレルギー の原因やきっかけを知っておくことは、症状を最小限に食い止めるために必要な検査です。アレルギー体質 があるかどうかは 非特異的IgE値 で、また各種アレルゲン(アレルギーの原因物質)に対する抗体も検査することができます。

lgE抗体とは
外部から侵入してきた抗原(アレルゲン)に対し、人体はlgE抗体という抗体を作ります。
lgE抗体は、原因となる花粉(アレルゲン)との接触を繰り返すうちに体内に蓄積されます。
この蓄積が一定の水準に達すると、症状がでる条件が整い、この状態で再び花粉に接触すると、抗原とlgE抗体が結びついて花粉症の症状が現れます。

花粉症のアレルギー検査
どの 花粉 に対してアレルギーがあるかを知ることは効果的な治療、予防につながります。その 花粉 に対してアレルギーがあるかを知ることは 花粉症 の効果的な治療、予防につながります。花粉症 の原因が花粉でない場合もあります。また、花粉 の種類によって飛散時期が異なります。そのため花粉症 であるかどうかを検査する必要があるのです。

花粉症の治療
近年、予防治療が常識になりつつあります。花粉飛散開始2週間ほど前より薬の投与を始めると非常に効果のあることがわかってきました。クリニック原では、内服剤または、注射剤を併用した花粉症の治療を行っています。花粉症の薬物療法のポイントは、「花粉が飛ぶ前から抗アレルギー薬を予防的に使うとよい」ということです。それにより、最盛期の症状が緩和されます。花粉の飛散が始まってから、本格飛散までは約1ヶ月あります。スギ花粉が飛散しはじめる、2月初旬頃の1~2週間ほど前から薬を使い始めて下さい。ヒノキ花粉症もある人はさらに1ヶ月続けてください。軽い症状がでた初期またはそれより前より予防的治療を開始する理由は『薬の多くが十分な効果が出るまでに、1~2週間かかるため」といわれるからです。






診療のお問い合わせ電話番号
 046-250-6995

クリニック原:診療案内
診療時間 10時30分から13時30分
16時30分から20時30分
休診日 木曜日、土曜日
日曜日、祝日
診療科目 心療内科 アレルギー科 呼吸器科 内科
院長名 原 武史
住所 神奈川県厚木市
愛甲1-3-2
電話番号 046-250-6995

クリニック原
厚木アンチエイジング医療情報センター
厚木心療内科専門
厚木市心療内科クリニック原サイト
健康診断専門クリニック原サイト


HOME花粉症の様々な症状花粉症のかぜ等の見分け方クリニック原の花粉症外来クリニック原の薬物療法花粉症の原因
花粉症の日常対策花粉症の民間療法花粉症の情報リンクアクセスサイトマップ厚木市アレルギー科クリニック原メインサイト
厚木市アンチエイジングクリニック原サイト厚木市心療内科クリニック原サイト
Copyright(C) 厚木 クリニック原 花粉症 アレルギー科 専門サイト All rights reserved.
produced by FARO